舞良雅子 Mouryo Masako

岩手県盛岡市で製作。織手としてご存知の方も多いのですが、招山では、舞良雅子さんのミシンワークによる

絹のはこを紹介します。

絹の繊維(2〜7cmくらい)を植物染料で染め、絹糸でミシンをかけ、繋ぎ、重ね、強度を持たせ、形を整え、さいごは。手縫いで立体にしています。

触ると分かる、硬い質感は、眉に含まれているにかわ質の成分の硬さを、生かしています。

グレー色は、墨と柿渋染めです。

                                                                                                                  問合せ先は、こちらへ。