招山は、鎌倉山のYAMA Gallery招山と由比ガ浜海岸近く故朝井閑右衛門敷地内のUMI 招山由比ガ浜の2箇所あります。 

手にとって、みていただけることが、何よりと思います。自然の光で。招山

 

綾部和夫 画 online展示室へ

森岡成好作品帖 on line    森岡由利子作品帖 on line  を設けました。ぜひご覧ください。 

 

                                

 


YAMA Gallery招山

248-0031 鎌倉市鎌倉山2-22-33   TEL0467-32-1712   Mapへ

             展覧会時のみオープン  

2021/5月 musuburi展  一週間の生地屋

   /6月 アイヌ刺繍 四辻藍美展 → UMIでの展示に変更

   /9月 素描家 shunshun展

       /10月    本田あまね展

    /12月    大分から おじろ角物店+亀田大介・文+山香デザイン室


UMI 招山由比ガ

248-0014 鎌倉市由比ガ浜4-3-14    TEL0467-55-5999 Mapへ

  open 11:oo〜17:oo  月・火曜日休み (不定休あります)

 


 

月一のご予約弁当   お持ち帰りのみ

⭕️MEALS 台湾素食弁当(¥1200税込)4/24 (土) 11:30〜

⭕️風と森  畑弁当(¥1200税込):4/17 ご予約終了しました。

                

ご予約先shouzan@mac.comまで、お名前・個数・ご連絡先をお願いします。


綾部和夫 画展 4/10〜15  ⚠️ 初日10日は12時オープン

綾部和夫さん毎日在廊予定です。

TBASE樋口健彦さんからステキな言葉を頂いてます。ぜひ、ご一読ください。

綾部和夫
綾部和夫

 

 

さりげなく礼儀正しく超えてくるモノ

引戸を引いて中に入る。 真正面に綾部(敬称略)の画が在る。

いつものように少しざわめかせられながら仕事場に入る。

見透かされているような見抜かれているような不思議な気持ちになる。 どこかしら心地よさすら感じる。

一表現者として一人間として、この画に勝手に、呆れられたり、怒られたり、 諭されたり、促されたり、励まされたり、あやされたりしながら、 一人勝手に心強くなって日々活動している。生きている。

ありがたい。

さりげなく礼儀正しく、そして厳しい。それでいて優しい。

「俺はお前に負けないが、お前も俺に負けるなよ」 あの名曲のこのフレーズがひたすらにリフレインする。

この度の綾部の圧倒的画群、是非、見にきて頂きたい。

美術家 T-BASE主宰 樋口健彦

男は行くエレファントカシマシ 作詞作曲 宮本浩次より引用 


▪︎CALICO + maku  5/2〜9

▪︎前田薫 ガラス+ George Wallance リトグラフ  5/15〜23

▪︎四辻藍美 アイヌ刺繍展  6/19〜29