招山は、鎌倉山のYAMA Gallery招山と由比ガ浜海岸近く故朝井閑右衛門敷地内のUMI 招山由比ガ浜の2箇所あります。

 

手にとって、みていただけることが、何よりと思います。自然の光で。招山

     


YAMA Gallery招山

248-0031 鎌倉市鎌倉山2-22-33   TEL0467-32-1712   Mapへ

             展覧会時のみオープン  展覧会予定へ

▪️小木曽瑞枝+光楽恭子+ヤオイタカスミ 「遠近」展   10/1〜8  11:oo〜17:oo

小さく見える遠くの家々 大きく見える近くの樹々 「遠く近く」

 

美術家 小木曽瑞枝が木製レリーフ作品を元にシルクスクリーンによるオリジナルテキスタイルを製作。その布からヤオイタカスミが洋服を、光楽恭子がバッグを製作します。

 

titta! titta!  小木曽瑞枝 x  ヤオイタカスミ

aneto            小木曽瑞枝 x  光楽恭子

 

UMI 招山由比ガ

248-0014 鎌倉市由比ガ浜4-3-14    TEL0467-55-5999 Mapへ

  open 11:oo〜17:oo  月・火曜日休み (不定休あります)

 

 

◯ 9月から、MEALS 台湾素食弁当と木古庭ノ農芸社の畑弁当の販売再開します。

   MEALS 台湾素食弁当 9/15(土) ¥1000

   木古庭ノ農芸社 長月畑弁当 9-22(土) ¥1000

※ ご予約ください。℡ 0467-55-5999 (11時〜17時)   📨shouzan@mac.com

▪️ミッシェル+コナヤの「へんてこ博物館」展 9/21〜27    11:oo〜17:oo

ミッシェルとコナヤの「へんてこ博物館」展
ミッシェルとコナヤの「へんてこ博物館」展

 

 

ミッシェルとコナヤの架空の博物館です。

ミッシェルが布と糸と針で、

コナヤが金物で、二人の間を行ったり来たりしながら息を吹き込まれ、できあがります。

ちいさなミュージアムショップ、併設します。

 

9/22(土)は、木古庭ノ農芸社の長月畑弁当の販売日です。お持ち帰り、または、会場で召し上がることもできます。

紀元前か紀元後か、コナミツ族という部族がありました。

山と海に挟まれた、あたたかい場所で仲良く暮らしながら、子を産み育て、酒を酌み交わしながら呑気に生きていたようです。

何かを作ることが好きな部族だったようですが、特に役に立つものではなく、何なのかよく分からないものが、いろいろ発見されました。

今回は、そんなコナミツ族が作ったものを展示します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◯コナミツ族が作った三つ編みちゃん

長い髪の毛に憧れていたコナミツ族。三つ編みにしたいと思いながら、ついつい髪の毛を切ってしまっていたようです。そんな憧れから作られた人形たちではないか、と言われてます。

◯コナミツ族が作ったお面一族

コナミツ族が住む辺りには、お面を被った妖精がたくさん住んでいたようです。恥ずかしがり屋のお面一族は、決してお面を外すことがありませんでした。好奇心旺盛でイタズラ好きなコナミツ族は、お面一族に似た人形をつくり、おびき寄せて、コッソリお面の下を覗こうとしていたようです。

◯コナミツ族が作った小人族ホソッピリ

コナミツ族の部落近くの森に、小人族のホソッピリがいたと言われてます。ホソッピリは、外敵から身を守るために、木に吊り下げる鳥瓜に似た家をつくり住んでいました。ホッソッピリは、怖がり。危険を感じると、すぐ引っ越しをしていたようです。そんなホッソッピリの残した家に、コナミツ族は、彼らに似た人形を作って飾っていたようです。